おすすめ

「人生が愛おしい」そう思える写真を残していきたい。

写真を撮る

そう聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか??

写真を撮ることも 撮られることも 4年以上続けていて、
最近どちらも【当たり前】になって、なんだか慣れてしまっていたんだけど、
昨日寝る前に今までの写真を見返していて思ったのです

「あぁ、たくさん撮られて来てよかったな」と。

モノより思い出 なんて言うけどね、
いつのまにか思い出はどんどんと記憶の中から薄れ、思い出すこともなくなってしまう

見失ってしまいそうになるしあわせにいつだって戻って来れる

日常の中だと、思い出すこととか振り返ることもあまりないけど、
写真をみたらそのときの気持ちはいつだって色鮮やかに思い出されるんです

たいせつなものはいつだってそこにある

我が子の成長はもちろん、あのときはこんなことしてたなとか、
一生懸命だったなとか、日常の中にたくさんのしあわせがあるという大切なところに
迷ったらいつだって戻ってこれるんですよ^^


(5歳のお誕生日の日)


(6歳だけど七五三)


(7歳間近入学式のとき)

大人になっても成長記録を残してほしい

忙しい毎日に、毎日変化してないように見えるかもしれないけど、
人っていつまで経っても成長し続けるんです。

たくさんのお客様と接していて思うのは、
年齢を重ねるたびに美しく輝いていかれる方がたくさんいらっしゃるということ

いつまでもきれいでいる努力をされています。

写真に撮られるということも、その1つだと思うんです^^

自分のことを丁寧に扱っている方はいつだって美しくいられるし、
そうでないとそれなりになっていく。

垢抜けない芸能人がどんどんきれいになっていくのも同じですよね。

そして、自分の目でみて、きれいになったな、成長したなって、かんじられること
それがとても大切なことなんです

カメラを仕事にするなんて思ってもいなかった、
はじめて撮られたあの日から

収入も増えて写真だけで暮らしていくことが安定してきた頃
ステップアップしたくて、背伸びしていたかも

特別な瞬間じゃなくて、暮らしのなかで写真を楽しめる人が増えて欲しい
自分の中で自然体でしなやかな軸ができてきた気がする最近

その過程のすべてを残していたからこそありありと思い出せる

たくさん笑った日も、切なかったあの日も、一緒にすごしたやさしい時間も
ぜんぶぜんぶ愛してる

見ているだけでしあわせな気持ちになれるし、
あぁやってきてよかったな、これからはこういうこともやっていきたいなって
自分のなかにある真ん中も確認できる。

写真に残すことって、そんな素晴らしい体験なんですよ♡

あなただけのライフヒストリーを残してみませんか?

***

今日3月24日21時にLINE@からお得な撮影会情報をお送りします♡
登録しておいてくださいね!↓