BLOG

言葉と写真にちからを宿すこと

その文章で、その写真で、あなたの想いはきちんと伝わっていますか?

HPの制作をご依頼くださっているお客様から、
「HPって本当に写真が大切なんだなと思いました!」っていうメッセージを頂いたのです。

「ほんとそうそう!!!」ってブンブン頷きながら返信したんだけど、笑

まだまだその大切さが伝わらなくて、
「こんなもんでいいかなー」って思っている方が多いなと思うのも事実。

わたしがまだまだ伝えて切れていないのも事実。だから伝え続けていく必要があるんですよね。

すぐには上達しない、だけどやった先に見えるものがある

先日開催した、【写真と言葉のちからを磨く1dayレッスン】では、スマホをメインに写真の撮り方、魅力的に見える加工方法をお伝えしました^^
(レッスンは10月10日、26日開催ともに満席をいただいております。)

次の日に早速
「やってみました!楽しい♪」とたくさんの写真を送ってくれたご受講生。

こういう報告は嬉しいし、上達しますよね。
インプット → アウトプットの繰り返しで、すぐにアウトプットすることで学習効率が格段とあがります。

こうやってどんどんアウトプットして、他の人に見てもらってを繰り返すこと。
写真も言葉も、どちらもすぐに上達するものではありません。

写真はある程度いい機材を揃えて、基本的な操作を覚えたら、それっぽくは撮れますけど。笑

撮りながら、書きながら、自分のことを深く知っていく。
レッスンの中では、そんなワークも取り入れて、深めていきました。

好きなもの、嫌いなもの、伝えたい想い、つくりたい世界…

あなたのなかにもきっとある、大切なもの。

そこを見つけていくと、だんだんと「あなただけの」ものが生み出されるんですよね。

その過程で、言葉にも写真にも力が宿ってくるのです。

一足飛びには決してうまくできなくても、まずは型を知って、それを使えるようになること。
そこから自分なりのやり方を取り入れていくこと。

続けるためにはいかに楽しんでできるかが大切ですね^^

行き詰まったり、動けなくなってしまうときは…

なかなか発信ができないとき、何をかいていいのかわからなくなってしまう時。

そういうことって、はじめの頃だけじゃなくて、いまでもそうなってしまうときがあります。

そのときって、矢印が全部自分の方向を向いてしまっているときが多い。要は自意識過剰っていうやつです。笑

目を向けて欲しいのはその先にあって、
あなたの想いが伝わった先にはお客様のどんな未来が待っていますか?
お客様が喜んでくれたらあなたはどんな気持ちになりますか?

その未来は伝えた先にしかなくて、あなたの想いを自分のなかだけであたためていてはそれがカタチになることはないのです。

もっと届けよう、あなたの想いを。写真と言葉にのせて。

***

1dayレッスンでは、写真と言葉の土台となる部分をお伝えしましたが、
継続レッスンでは、実際にそれを使いこなせるようになること。

その上であなたの色を活かした写真と文章を使えるようになることをサポートしていきます。

実際に文章をたくさん書いてもらって、それをフィードバックしていくので、短期間で上達したい方にはとてもおすすめです^^

カメラ編では、一眼レフカメラをマニュアルモードで操作できるところまでしっかりとお伝えしていきます♪

10月15日正午から受付スタート↓

LINE@から先行で受付いたします。質問がある方は、お気軽にどうぞ♪
ここにメッセージを送るとわたしに届きます↓

画像をクリックするか、できない場合は【@chicaphoto】でお友達検索してみてくださいね。

関連記事一覧

最新の記事