BLOG

透明感のある写真ってどうやって撮るの?

ちかさんみたいな「透明感」のある写真が撮りたいです!

そう言ってもらえることがとてもとても多いです。

こういう設定で撮ったらいいよ♪っていうのは状況によって違うし、お伝えしにくいんだけど、
ここに気をつけてみて!ということを簡単にまとめて書いてみようと思います^^

細かい設定とかはカメラによっても違うので、取説とか読んで調べてみてくださいね。

透明感を出すために大切にしていること

これはいくつかあるのですが、基本的にはこの4つです

  • コントラストちょっと低め(淡い感じ)
  • 全体的に露出高め(ギリギリ白飛びしてないくらい)
  • やさしい光のところで撮る(強すぎずふんわり)
  • 気持ちちょっと青っぽく(これは被写体にもよります)

 

コントラストとか、青っぽさとか、カメラの設定がわかんない…!!という方は、
こちらの記事もぜひ↓

 

それでもよくわかんないわー!っていう人は、とにかくやさしい光のところをさがすのだ!

やさしい光ってどこにある?

光がつよいと影もつよく落ちてしまうので、コントラストが強めの写真になってしまいます。

icon-meh-o 強すぎもNG
icon-meh-o 暗過ぎもNG

イメージとしては、日当たりのいいお部屋でレースのカーテンを通して入ってくる光

屋外だと夏の晴れた日に、真っ白のシーツをお外に干して、そこを通ってきた光のイメージ

蛍光灯とか、電球色の光の下では、難しいので自然光が抜群によいです!

光は見つけた!!で、どう撮るの?

光の向きがとても大切なんだけど、基本的には全部逆光で撮影しています

 

逆光って、被写体(撮りたいもの)の後ろに太陽がある配置です

太陽 → 被写体 → カメラマンの順番になるよ♪

時間帯は、太陽が真上にある12時〜14時くらいは避けて、午前中か夕方がおすすめ。

 

カメラを始めるまで、光ってどこにでもあるしあまり意識したことがありませんでした。

けど、だんだんと向きも強さも色も違うんだってことがわかって、写真がますます楽しくなったし、自然のパワーにワクワクした♡

みんなも素敵な光見つけてみてねー♪

 

写真の撮り方、カメラの選び方相談したい!っていう方はこちらから
レッスンの先行案内なども配信しています^^

関連記事一覧

最新の記事